ロンドンまとめ

少し遅れましたがロンドンの感想をまとめたいと思います。
なにやらロンドンは暴動で大変な事になっていますね。大丈夫でしょうか。
もう少し帰ってくるのが遅れていたら危うくホテルから一歩も出られない状態になっていました。
危なかったです。
テレビでもつい数日前行った場所が出ていたり・・・ゾッとしますね。
まあそんなロンドンですが、前半は観光、後半は体験入学のようなものに行ってきました。
前半の観光は、観光といってもほとんど美術館やギャラリー巡りをしました。
一応有名な建物にも行きました。国会議事堂とか。凄かったです。
とりあえず撮って来た写真を載せます。
少し重いですがあしからず・・・。
歩きながら撮ったものなのでブレてたり切れてたりと粗末ですが、まあ見てください。
d0159297_1121617.jpg

d0159297_1145588.jpg
d0159297_1152922.jpg
d0159297_1183768.jpg
d0159297_1192362.jpg
d0159297_1202326.jpg
d0159297_1243522.jpg
d0159297_136024.jpg
d0159297_1361674.jpg
d0159297_1363061.jpg
d0159297_140457.jpg

d0159297_262989.jpg
d0159297_272580.jpg
d0159297_2815100.jpg

英国式の独特な盆栽「ザ・マン盆栽」
d0159297_294574.jpg
d0159297_2111762.jpg
d0159297_2141943.jpg
d0159297_2166100.jpg
d0159297_2302687.jpg
d0159297_1401860.jpg
d0159297_1403116.jpg
d0159297_1404467.jpg
d0159297_1405519.jpg

d0159297_1431626.jpg
d0159297_1463537.jpg
d0159297_147015.jpg
d0159297_1472263.jpg
d0159297_152256.jpg
d0159297_1525317.jpg
d0159297_1535084.jpg

d0159297_4573489.jpg

d0159297_1554177.jpg

こういう感じ、イギリスらしいなって思いました。
d0159297_3382880.jpg
d0159297_3395669.jpg
d0159297_3402244.jpg
d0159297_340491.jpg
d0159297_3411198.jpg

d0159297_343210.jpg

d0159297_3413624.jpg
d0159297_3422414.jpg
d0159297_3424384.jpg
d0159297_3435275.jpg

d0159297_3433328.jpg

d0159297_3441125.jpg
d0159297_3442813.jpg
d0159297_3451119.jpg
d0159297_3553231.jpg
d0159297_356831.jpg
d0159297_3563352.jpg
d0159297_3565164.jpg
d0159297_357643.jpg
d0159297_35864.jpg
d0159297_3582312.jpg
d0159297_3584130.jpg
d0159297_359237.jpg
d0159297_40955.jpg
d0159297_402728.jpg
d0159297_404436.jpg
d0159297_41492.jpg
d0159297_415262.jpg

d0159297_421895.jpg
d0159297_423898.jpg
d0159297_43177.jpg
d0159297_4115315.jpg
d0159297_4121725.jpg
d0159297_4131016.jpg
d0159297_4134628.jpg
d0159297_4165058.jpg
d0159297_4173066.jpg
d0159297_417486.jpg
d0159297_4181115.jpg
d0159297_4185391.jpg
d0159297_419861.jpg
d0159297_4192247.jpg
d0159297_4193759.jpg
d0159297_4195382.jpg
d0159297_4201018.jpg
d0159297_4202767.jpg
d0159297_4204238.jpg
d0159297_421923.jpg
d0159297_4213251.jpg
d0159297_4214635.jpg
d0159297_4215939.jpg
d0159297_4221349.jpg
d0159297_4222654.jpg
d0159297_4225714.jpg

d0159297_5125587.jpg
d0159297_5173488.jpg

ちなみにこれは興味本位で買ってみた牛乳と寿司です。牛乳はまあ普通だったけど、寿司は・・・・・
d0159297_4231150.jpg

d0159297_4232317.jpg


凄く断片的でしたが、イギリスの空気感が少しは伝わったでしょうか?
イギリスは僕が思っていたほど紳士の国でもなさそうでした。
もしかすると少しはずれのほうに行くとそうなのかもしれないですが、今回行ったロンドンは大都会で、どんな人種の人でも住んでます。
色々な国の文化が混じり合っている光景は日本では見られないものなので面白かったです。
とてもラフな感じがしました。住んでる人もみんな親切でした。
建物は古典的なものから現代的なものまで、全部お洒落だと思いました。
ビルがおもしろいなーと。中にはダミアン・ハーストの作品みたいな色をしたビルなんかも。
アート作品に関しては本当はもっといっぱいあったんですが、見るのに夢中で撮るのをすっかり忘れていました・・・wですがそれくらいの量があったし、見応えもありました。
ちなみに向こうの美術館は多くが無料、撮影自由ととても良心的。
そのなかでも純粋に一番感動したのはモネです。
一番感動したのに写真を撮っていませんでした。自分はアホだと思います。
今回は画像でしか見たことの無かった数々の巨匠の作品を一気に生で見てきました。
生で見たからこそ実感できたものや気付けたものは多かった気がします。
例えば、今まで全くの単色だと思っていたニューマンの絵には深みがあり、ミロの色彩と線には広がりを生み出す効果があった。
ポロックは生で見ると実際にはそこまで激しさを感じることが出来なかった。画像に置き換えら得れている状態の方が迫力があるように感じる。反対にモネは生で見ると何ともいえない凄みというか、迫力がある。
ベーコンの作品は画像で見るイメージとほぼ変わりない。ベーコンの絵画は画像に置き換えても劣化しない。画像に絵画の持つ強さをそのまま還元することが出来る。
リヒターのアブストラクトペインティングはモネの作品を見ている時と同じような印象を受けた。それこそ風景を見てるような錯覚。
画面の微妙な筆跡や絵具の痕跡が絵画の霊気を全て支配するという事があるということ。
このようなことはあくまで僕の主観的なただの感想にすぎず、美術を批評的に見る上ではなんら価値を持たない取るに足らないような事かもしれないけれど、作品を作っていくならとても良い影響を及ぼしてくれるものだと思いました。
作品をつくるのが好きな人はどんどん巨匠の作品を生で見ると良いと思います。
おすすめはテートモダンです。
その他にも有名な所にたくさん行きましたが、一番刺激的だったのはテートモダンです。
後半の体験入学みたいなやつでは、イギリスと日本の美術教育の違いをハッキリと実感しました。
向こうは何を作るにしてもまずコンセプト。そしてそれをどのような手法で扱うかと言う事が問われます。
もちろんこの短期間でそんなハイレベルな教育を受けてきたわけではないです。
でも実際行ってみたら、やっぱりそうだな、と。
こんな少ない日数でも面白かったです。
それよりなにより言葉の壁が。
耳が慣れるにしたがって少しずつ聞き取れるようにはなっても、こっちから話すことが出来ない。
ちょっと複雑になるとパッと瞬時に出てこないって言うのが問題でした。
完全に英会話の不慣れが原因!
これからは英語三昧になりそうだと思われます。
それからやっぱり歴史ある建造物は凄まじいです。無条件に凄い。
ああいうのがいたる所にあるわけですが、とにかく驚きます。
びっくりです。
今回の旅行は正直いうとトラブル続きで、しかも初めての単身海外旅行でとても周りからも心配されていたのですが、向こうでは想像以上に多くの頼れる日本人の方たちと知り合うことが出来ました。
色々サポートしていただきました。本当にお世話になりました。
みなさんも機会があれば一度ロンドンに行ってみると良いと思いますよ。
とても面白い所です。

d0159297_7545797.jpg
d0159297_7552671.jpg
d0159297_7555090.jpg
d0159297_7561267.jpg
d0159297_7572498.jpg
d0159297_7582684.jpg
d0159297_7594129.jpg
d0159297_7595778.jpg

[PR]

by dynamiter909 | 2011-08-10 08:21 | 日記